2019年の彼岸花

2019年は記録的な残暑となり、暑さで彼岸花がなかなか出てきませんでした。
彼岸を過ぎても芽さえ出ないほどで、見頃のピークとなったのは9月29日、30日頃。
代わりに10月に入ってもしばらく楽しめましたが、日当たりの良い南向きの斜面は最後までまばらな咲き具合でした。

  • 撮影:2018年9月20日

    まだ芽も出ていません。

  • 撮影:2018年9月25日

    やっと咲いてきました。

  • 撮影:2018年9月26日

    河川敷にも続々と蕾が。

  • 撮影:2018年9月28日

    それから2日でこの通り。

  • 撮影:2018年9月28日

    ハンノキの傍。ようやく見頃になりました。

  • 撮影:2018年9月29日

    ただ例年よりまばらです。

  • 撮影:2018年9月29日

    お休み処付近。

  • 撮影:2018年9月29日

    花嫁行列と彼岸花。

  • 撮影:2018年10月1日

    土地改良碑の傍。まだまだ見頃です。

  • 撮影:2018年10月1日

    咲き出すのが遅く、草に隠れてしまっています。

  • 撮影:2018年10月1日

    マツバボタンと彼岸花。

  • 撮影:2018年10月3日

    今年の田んぼアートは「牛を繋いだ椿の木」でした。

  • 撮影:2018年10月4日

    初めに咲きだしたところはもう枯れています。

  • 撮影:2018年10月4日

    彼岸花の見頃は本当に一瞬ですね。

▲ ページトップへ戻る

2018年の彼岸花

2018年は大変な猛暑に見舞われ、暑さで彼岸花が出てこないかもしれないと思われましたが、意外にも例年より早く咲きだしました。
ピークは9月の22日・23日で、駆け足に咲いてあっという間に見頃を過ぎていきました。

  • 撮影:2018年9月16日

    ハンノキの辺りでもう花が咲いています。

  • 撮影:2018年9月19日

    それから3日でこの通り。

  • 撮影:2018年9月19日

    各地でどんどん開花してきました。

  • 撮影:2018年9月22日

    阿久比側の斜面でもたくさん咲いています。

  • 撮影:2018年9月22日

    たんぼアート「でんでんむしのかなしみ」。

  • 撮影:2018年9月23日

    権現山を望む。今が見頃ですね。

  • 撮影:2018年9月23日

    遠くの堤も真っ赤に染まっています。

  • 撮影:2018年9月23日

    矢勝川の堤を行く花嫁行列と彼岸花。

  • 撮影:2018年9月25日

    少しですが白い彼岸花も咲きます。

  • 撮影:2018年9月28日

    9月の末にはもうすっかり枯れた花ばかりに。

  • 撮影:2018年10月26日

    彼岸花の後はコスモスが綺麗に咲きました。

▲ ページトップへ戻る